1980年代の台北を舞台に、現代人の抱える狂気と孤独を浮き彫りにする
銃声が響き渡る朝。警察の手入れから逃げだした混血の少女シューアン。その姿を偶然カメラでとらえたシャオチェン。上司の突然の死に出世のチャンスを見出す医師のリーチョンと、執筆に行き詰まる小説家の妻イーフェン。何の接点もなかった彼らだが、シューアンがかけた一本のいたずら電話が奇妙な連鎖反応をもたらし、やがて悪夢のような悲劇が起こる……。本作の構想は、シューアン役のワン・アンが実際に見知らぬ番号へいたずら電話をしたことがある、と監督に告白したことから始まったという。少女の何気ない行為が見知らぬ人々の平穏な日常生活を破壊するように、誰もがまた知らぬ間に他人を傷つける「恐怖分子」になり得るという、現代社会が抱える危機。結婚の破綻、少年少女の犯罪、不正行為、暴力の衝動。人々が日常のなかに隠していた狂気と孤独を描き出す本作は、独創的なミステリー群像劇である一方で、現代に生きる私たちすべてに通じる普遍的な人間ドラマである。

 

エドワード・ヤンの名前を一躍知らしめた、幻の傑作がよみがえる
ホウ・シャオシェンと並び80年代、90年代の台湾ニューシネマを牽引した映画監督エドワード・ヤンの長編3作目となる本作は、1986年に発表されるとカンヌ国際映画祭、ロカルノ国際映画祭(銀豹賞受賞)で絶賛されヤンの名前を一躍世界に知らしめた。無軌道に犯罪へと向かう10代の少女の心理を繊細にとらえた視線は、14歳の少年による実際の女子学生殺人事件をもとにした次作『牯嶺街少年殺人事件』へとつながっていく。2007年、59歳の若さで亡くなるまで、『カップルズ』(1996)『ヤンヤン 夏の想い出』(2000)など、作品ごとにまったく異なる作風で計7本の長編と1本の短編を監督したエドワード・ヤン。『恐怖分子』は彼の出世作であり、決して多くはないフィルモグラフィのなかでも謎の多いストーリーと精緻な構成がファンを魅了してきた作品。日本では1996年から19年ぶりの劇場公開となる幻の傑作が、いまデジタルリマスター版でよみがえる。

 

原題:恐怖份子 1986年 | 香港・台湾 | 109分

コラ・ミャオ リー・リーチュン チン・シーチェ クー・パオミン
ワン・アン マー・シャオチュン ホアン・チアチン
監督:エドワード・ヤン
脚本:エドワード・ヤン シャオ・イエー 脚本顧問:チェン・クォフー
撮影:チャン・ツァン 編集:リャオ・チンソン 音楽:ウォン・シャオリャン
配給:フルモテルモ×コピアポア・フィルム 提供:ワコー 宣伝:カプリコンフィルム

 

 

同時上映『光陰的故事 』
台湾の若手監督たちが、1960~80年代を背景に子ども時代から青年期までの4つの物語(小学生、中学生、大学生、社会人)を監督した、台湾の映画会社「中央電影公司」製作によるオムニバス映画。

「中学生」編となるエドワード・ヤンの「指望」は、60年代台湾を舞台に、母と姉と暮らす女子中学生シェオフェンの淡い初恋と大人へのめざめを描く。劇中ではビートルズの楽曲が流れ、またテレビに映るヴェトナム戦争のニュースがどこか暗い影を落としている。本作はヤンの監督デビュー作であり、唯一の短編作品である。

 

光陰的故事 IN OUR TIME 1982年 | 台湾 | 106分

第1話「小龍頭」タオ・ドゥツェン監督
第2話「指望」エドワード・ヤン監督
第3話「跳蛙」クー・イチェン監督
第4話「報上名来」チャン・イー監督

* 一部劇場では上映がございませんのでご注意ください